どうして年寄りにはニキビができないの?

年を取るにつれて、男性ホルモンや皮脂の分泌が、減ってきます。
50代以降は、ニキビがほとんどできません。
高校生くらいの若い時には、成長ホルモンや性ホルモンが活発でニキビができてしまう。
なので、成長ホルモンや性ホルモンの分泌が減るとニキビや吹き出物などができなさそうだが、逆にホルモンが足りなくなって、不安定になる場合もニキビができるのだ。
他にもタバコ、ストレスなどもニキビ、吹き出物の理由として考えられるので、喫煙率から言っても年を取るにつれて喫煙率も減っていくので、タバコを吸わなくなるというのも年寄りがニキビができずらい原因にあるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 背中ニキビをケアして治すのに1番大切なことは…『背中を清潔にして保湿すること!』背中…
  2. 夏でなくても首元の開いた服を着たいときってありますよね。「デコルテまでが顔」とも言われるように、…
  3. ニキビは顔だけでなく、身体にもできます。胸、背中、おしりにもでき、なかなかやっかいなものです。しかし…
PAGE TOP