ストレス

ストレスは脂性肌&角栓の原因に!

ストレスは脂性肌や角栓の原因になりえます。

人はストレスを感じると自律神経のバランスが崩れます。
そして男性ホルモンの分泌が過剰になります。
更にストレスによって生じる「ノルアドレナリン」には皮脂を過剰に分泌してしまう為、ストレスが多い生活を続けていると、脂性肌よりの肌になってしまいます。

そして男性ホルモンには肌を硬質化してしまう働きがあります。
そうするともちろん毛穴が詰まりやすくなります。

肌のターンオーバーが正常に働かなくなると、皮脂が過剰に分泌され、詰まりやすい毛穴に、皮脂が溜まって行き、悪性のアクネ菌が増え、ニキビができやすい肌になってしまいます。

心理的ストレスについて

心理的ストレスは、いわゆる一般的に使われる「ストレス」そのものです。

そのようなストレスは正確には「心理的ストレッサー」と言います。

心理的ストレッサーは、様々な要因がありますね。
人間トラブル、寝不足による体調不良、ストレスによる暴飲暴食。

人間には適度なストレスは必要なのですが、過剰なストレスになってしまいますと、自律神経が狂い、更に生体バランスまでも崩れていきます。

この悪影響、悪循環をを「アロスタティック負荷」と呼びます。
アロスタティック負荷が肌に出やすい体質の人はニキビができやすくなってしまいます。

物理的ストレスについて

物理的ストレスにはどのようなものがあるのでしょうか?
例えば、日本は特に酷いですが「季節の変わり目による気温、気圧の変化」
これに敏感な人はモロに影響を受けます。

梅雨の時期の激しい低気圧、やっと春になったとおもったら「高温注意報」が発令される日本。

これは、物理的ストレスそのものです。

気温の変化ですとクーラーの効きすぎもよくない。

冷え性の人は新陳代謝が上手くできないのでコメドができやすい肌になってしまいます。

あと肌に直接関係する物理的ストレスは「髪が顔にかかること」が挙げられますね。

整髪剤なんてつけていると更に!
敏感肌でニキビに悩まされている人はあまり肌に髪がかからないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 背中ニキビをケアして治すのに1番大切なことは…『背中を清潔にして保湿すること!』背中…
  2. 夏でなくても首元の開いた服を着たいときってありますよね。「デコルテまでが顔」とも言われるように、…
  3. ニキビは顔だけでなく、身体にもできます。胸、背中、おしりにもでき、なかなかやっかいなものです。しかし…
PAGE TOP