ニキビはつぶしてもいいの?

黒ニキビまでは潰してもOK

ニキビといっても、大きく分けて3種類あります。
白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビです。どれに当てはまるかによって、処置の仕方も違います。白ニキビは、初期のニキビで、潰しても痛むことはありません。黒ニキビは、潰すというか、押すと、ニュルっと芯がとれます。
ニキビのうちで、わりと初期のニキビなので、このまま、菌が入り込んだりしなければ、きれいに治ります。しかし、癖になって、探して、どんどん潰すのは、よくありません。
クレンジングなどで、表面の汚れを、やさしく洗い流して、皮脂が詰まらないように、努力しましょう。遠回りのようですが、肌を清潔に保ち、健康な肌でいれば、ニキビはできなくなるのです。
そして、赤ニキビは、毛穴の奥まで、炎症が広がっていて、例え芯をだしても、そのままでは治りません。なぜなら、表面だけきれいにしても、そのずっとの方に、原因があるからです。

どうすればいい?

もうひとつ、実は黄ニキビというのがあります。ニキビの中で、もっとも症状が進んだ状態です。たまった膿が、黄色く腫れている状態です。細菌が真皮をどんどん浸食しているので、治っても、跡が残ります。潰しても、大丈夫なラインは、黒ニキビまでです。
赤ニキビ、黒ニキビは、クレーターのような痕が残ります。炎症をまず抑えてから、芯をだすのですが、皮膚科で治すのが正解でしょう。
皮脂のつまりを、防ぐには、洗顔が基本で、黒ニキビまでは潰す。しかし、菌が入らないように、清潔を保つことが必須です。赤、黄ニキビは病院で、炎症を鎮める。ただし、肌は繊細なので、ゴシゴシ洗いはかえって症状を悪化させます。
早くきれいな肌を手に入れたいですが、気長に付き合うことが大事です。

思春期・男性・おとなの女性・背中・首・おしり・頭皮etc、
【タイプ別おすすめケア】はこちらから♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 背中ニキビをケアして治すのに1番大切なことは…『背中を清潔にして保湿すること!』背中…
  2. 夏でなくても首元の開いた服を着たいときってありますよね。「デコルテまでが顔」とも言われるように、…
  3. ニキビは顔だけでなく、身体にもできます。胸、背中、おしりにもでき、なかなかやっかいなものです。しかし…
PAGE TOP