両親からの体質遺伝

ニキビになりやすい肌質が遺伝するって本当?

ある程度両親から肌質は遺伝する可能性は高いですが実際ニキビ肌も遺伝するのでしょうか?
原因としては毛穴に角栓が詰まりやすいこと、次に代謝機能が低いため、肌のターンオーバーが活発でないこと。

そして皮脂分泌量が多くニキビの悪化を招きやすいことです。
これらの条件に合致している方は、ニキビが出来やすい体質であると考えられます。

他の人よりいっそうスキンケアに気を遣えば、予防、改善していくことは充分に可能です。
また、こういったものを遺伝病とは呼びませんし、体質だから…と諦める必要もありませんのでご安心ください。

遺伝によって毛穴のタイプが異なるの?

毛穴のタイプは全部で6種類あります。

開き毛穴タイプ、オイリー毛穴タイプ、たるみ毛穴タイプ、かさつき毛穴タイプ、目詰まり毛穴タイプ、黒ずみ毛穴タイプの六種類に分かれます。

ネットなどで毛穴タイプと肌トラブルの関係について書かれていますが、そのすべてを真に受けないようにしてください。
遺伝要素が強く影響するのは、大体毛穴の大きさだけです。
ただ、毛穴の大きさが小さいと角栓のつまりが発生しやすいため、ニキビリスクが高まることになります。
毛穴が目詰まりを起こしやすい場合、毛穴の入り口が狭い可能性が高いので、普通以上にニキビケアを重視することがポイントになります。

肌質は遺伝…でもニキビは遺伝病ではありませんよ

同じスキンケアをしているのに自分ばかりニキビが出ていると感じたことはありませんか?
実はこれこそが遺伝によるもの。
確かに肌質は親からの遺伝が多いんですがそれだけではなく、食事や睡眠などの生活環境も、後天的要因の一つとしてあげられます。
お母さんの若い頃の写真を見せてもらってニキビが多いとあなたも確実に多いはずです。
子供の頃からの生活習慣を見直すと、改善のきっかけになることも。

ストレスをためずに生活することも大きなポイントですので無理せずスキンケアをしていきましょう。
あまりニキビのことばかり考えてしまうとかえってストレスになりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 背中ニキビをケアして治すのに1番大切なことは…『背中を清潔にして保湿すること!』背中…
  2. 夏でなくても首元の開いた服を着たいときってありますよね。「デコルテまでが顔」とも言われるように、…
  3. ニキビは顔だけでなく、身体にもできます。胸、背中、おしりにもでき、なかなかやっかいなものです。しかし…
PAGE TOP