大人ニキビと思春期ニキビの違いは?

大人ニキビの原因って?

社会人になって、思春期のニキビの症状とは違ったもののことを「大人ニキビ」と呼びます。

炎症が治りにくく、長引きやすいのが特徴です。

大人ニキビの原因は、主に、「古い角質の蓄積」と「肌の乾燥だけでなく、「ホルモンバランスの崩れ」や「ストレス」などから起こるものです。

上記の原因からまず、肌の代謝が悪くなり、古い角質で毛穴をふさぎ、さらに肌の乾燥で確執を固くしてしまい炎症を起こしてできるのが「大人ニキビ」なのです。

さらに、確執の蓄積+肌の乾燥は繰り返し起こりやすいため、炎症は長引き、大人ニキビが治りにくいのもこれが原因です。

思春期ニキビの原因って?

10代のころからわたしたち女性にとって天敵ともいえるのが「ニキビ」です。

特に、思春期に起こりやすいニキビは額から頬にかけてのTゾーンと、頬にできやすいことが特徴です。

思春期ニキビは、女性だけではなく、男性も悩みが多いのが特徴です。

思春期のニキビは、10代の活発な代謝の働きにより、余分に分泌されてしまった皮脂が毛穴にたまり、毛穴が詰まることで起こると言われています。

したがって、多くの思春期ニキビは、適切な洗顔を続けることで改善されることが多いです。

しかし、中には重症化するケースもあるので、皮膚科で相談することもあるでしょう。

思春期ニキビと大人ニキビの違いって何?

私たち女性を悩ませるニキビですが、そのできかたや原因によって種類が異なるため、対処法もまた異なります。
思春期ニキビとは、10代の活発な代謝活動により、余分に分泌された皮脂が毛穴に詰まることで起こるニキビであるのに対し、一方、大人ニキビは、肌の乾燥や古い角質の蓄積から起こるものです。

そのため、思春期ニキビの対処法には「適切な洗顔方法」が、大人ニキビの対処法には「肌の潤いや角質ケア」が必要になってきます。

このように、思春期ニキビと大人ニキビでは、起こる原因が違ってくるため、それぞれの原因にあった対処法が必要になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 背中ニキビをケアして治すのに1番大切なことは…『背中を清潔にして保湿すること!』背中…
  2. 夏でなくても首元の開いた服を着たいときってありますよね。「デコルテまでが顔」とも言われるように、…
  3. ニキビは顔だけでなく、身体にもできます。胸、背中、おしりにもでき、なかなかやっかいなものです。しかし…
PAGE TOP