大人ニキビにおすすめの漢方薬3選

大人は漢方でニキビを治す

大人になって「ニキビができた~」というと、「ニキビじゃなくて吹き出物でしょ」と指摘されたりしませんか? 同じニキビでも大人になると血の巡り、体内の滞りといったことが理由の一つと言われています。
巡りの悪い身体は新陳代謝も活発でなく、肌の生まれ変わりを阻害します。老廃物を輩出できない状態だとニキビもできやすくなるというわけです。

そもそも漢方って?

漢方薬と聞くと、「苦い」「副作用が少なさそう」というイメージや、「どこで売ってるの?」「保険がきくの?」など素朴な疑問も浮かんできます。
漢方薬の入手方法としてはドラッグストアで購入するか、皮膚科で処方してもらう方法があります。保険適応のものは医師に処方された方が安く入手できるかもしれませんが、診察料がかかります。
ここでは通販サイトやドラッグストアで購入できるものをピックアップしてみましょう。

【清上防風湯エキス細粒】第2類医薬品 松浦薬業

seijobouhuto48包入り5100円(税抜)
顔のトラブルに特化した処方で、うっ滞した熱を発散させる作用があります。青年男女に見られる充血性のニキビに奏功。ニキビ、頭部の湿疹や皮膚炎などに。

【漢方ニキビ薬N】第2類医薬品 小太郎漢方製薬

kotaro48錠1300円・144錠3000円(税抜)
腫れをやわらげ、膿の排出を促す作用があります。熱を冷ます作用もあり、赤みのある充血性のニキビにも効果があるとされています。処方名は清上防風湯。

【ロート温経湯錠】第2類医薬品 ロート製薬

unkeito84錠1900円(税抜)
月経トラブルは冷えなどで血行が悪くなることで起こりやすいとされています。体を中から温める作用のある生薬からなるのが温経湯です。

用法・容量には注意しましょう

漢方薬は副作用がないと思われがちですが、やはり薬は薬です。説明書をよく読んだり、専門薬局で話を聞くなどして、正しく服用しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 背中ニキビをケアして治すのに1番大切なことは…『背中を清潔にして保湿すること!』背中…
  2. 夏でなくても首元の開いた服を着たいときってありますよね。「デコルテまでが顔」とも言われるように、…
  3. ニキビは顔だけでなく、身体にもできます。胸、背中、おしりにもでき、なかなかやっかいなものです。しかし…
PAGE TOP