大人ニキビ

大人のニキビケアの原因って?

20歳をすぎた人に出来るニキビを大人ニキビと呼びます。大人ニキビは女性に多く、顎から首にかけての部分に出来ることが多く、口周りや頬、鼻にできることもあります。
大人ニキビの原因としては、不規則な生活習慣や、バランスの偏った食生活、ストレスなどの影響で肌のターンオーバーが乱れることが原因と考えられています。また、大人ニキビの特色として、大人ニキビのできる人は皮脂分泌は過剰なものの、水分は不足した乾燥肌状態になっていることが挙げられます。

大人ニキビは思春期ニキビよりも治りにくく、繰り返し出来るのが特色です。 また、季節に関係なく、一年中できていることが多いです。化粧などで隠していると悪化させてしまうこともあり、正しいケアできちんと治していくことが大切です。
大人ニキビの原因は、ホルモンバランス、体内にたまっている熱等の内的因子と、ストレス、食事などの外的因子があります。

この2つは密な関係なので切り離して考えることは難しいです。
この中であまり聞かないのは体内にたまる熱でしょうか、それは誰にでも当てはまります。

上半身に熱がたまりやすく、それは、代謝の熱とも考えてよいと思います。
なので熱に老廃物がくっつニキビができます。
下半身より上半身の方が熱はたまりやすく、ニキビもできやすいです。

つぎに、部分的な話をすると、おでこは、シャンプー、リンス、化粧などのすすぎ落とし、前髪と肌の間の炎症が主な原因です。
鼻は、触ることで汚れがつきやすく、また、ファンデーション、紫外線の影響で肌のバランスが崩れ毛穴が詰まってできます。

頬は基本的にホルモンの関係により男性に多いです。
ここにできるのは、脂質、糖質の摂りすぎが主な原因になります。

最後に、ストレスでのやけ食いは、悪循環をもたらす原因になるので避けましょう。

大人ニキビのケア

対策の中でもはずせないのが、食事です。
レバーやワカメ、うなぎ等に含まれるビタミンB2、マグロ、カツオ、にんにくなどに含まれるビタミンB6は皮膚の炎症を押さえるためにとても大切な栄養です。

糖質や脂質の多いもの、刺激物は控えましょう
次に水分を1.5~2.0リットル摂りましょう。
体内の水分が減ると血液が粘調度をまし、皮膚の栄養低下、抵抗力の低下を引き起こし細菌に感染しやすくなります。
水分と言ってジュースなどを摂らない用注意が必要です。

次に洗顔です。
清潔を保つために必要です。

さて、化粧ですが肌荒れの最中は薄く塗るのも必要です。
隠そうと厚塗りすると逆効果です。

最後に、落とし穴と言えば化粧道具と枕カバーでしょうか、肌を綺麗にしても肌に当たるものが清潔でなければ残念な結果になるので気を付けましょう。
大人ニキビのケアでは、体の内側からのケアと外側からのケアが重要なことは思春期ニキビと変わらないのですが、スキンケアのやり方で、皮脂を取り除くよりも保湿がより大切になってきます。
大人ニキビは肌の乾燥が原因となって、毛穴が詰まりやすくなって起こることもあるからです。また、生活習慣の改善やストレスをためこまない生活をすることによって、ホルモンバランスの乱れを防ぐことも大切です。さらに、大人ニキビは化粧をすることで刺激され、悪化していることも多いです。

できればあまり化粧をしないほうが良いですが、そうは言ってもニキビができていると特にニキビを隠したい人がほとんどだと思います。ニキビ用の化粧品を使ったり、帰宅後はなるべく早く化粧を落としてスキンケアをしたりすることが大切です。自分に合った化粧品を使い、正しいスキンケアをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 背中ニキビをケアして治すのに1番大切なことは…『背中を清潔にして保湿すること!』背中…
  2. 夏でなくても首元の開いた服を着たいときってありますよね。「デコルテまでが顔」とも言われるように、…
  3. ニキビは顔だけでなく、身体にもできます。胸、背中、おしりにもでき、なかなかやっかいなものです。しかし…
PAGE TOP