妊娠ニキビの原因&対策を詳しく解説!

妊娠したらニキビができた!?

妊娠前は健康体でお肌の調子もよかった、という人でも、妊娠すると肌が荒れる、むくむ、抜け毛が増える、などいろいろなトラブルが出てきますね(私はなぜか、鼻血が出やすくなりました)。
妊娠中の肌トラブルのひとつに妊娠ニキビがあります。ニキビの原因がストレスだとすれば、妊婦中はつわり、不眠、産後の不安、薬が飲めないなど、大小さまざまなストレスだらけですよね。
妊娠してからのニキビも、思春期のニキビも同じニキビです。毛穴のつまりで炎症が起きてできるという仕組みも同じ。しかし、それまでニキビなんてなかった人にもできることで、違うもののように思われがちです。ただ、ニキビになる主な原因が少し異なるとも言えます。

ホルモンバランスの崩れが原因

妊娠といえば、別の生命体が体の中にいるということ。それによりホルモンバランスは崩れ、つわりや味覚の変化で食べられるものが限られたり、胃が圧迫されたりして小食になったりして栄養が偏る結果になります。妊娠したことで、おのずとニキビのできやすい体内環境にまっしぐらだったのです。
「食べられるものを食べればいいのよ」と周囲が優しく言ってくれるかもしれませんが、なるべく栄養の偏りには気を付けましょう。
また便秘になりやすいのも妊娠中の特徴です。便秘もニキビの原因に。ひどい便秘は健診で産婦人科医に伝えましょう。

ニキビを気にし過ぎて未来のお母さんがふさぎ込んでいては、赤ちゃんにもよくありませんよね。ニキビも産婦人科医に相談してもちろんOKです。皮膚科受診を勧められたら、皮膚科で妊娠中と告げることを忘れずに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 背中ニキビをケアして治すのに1番大切なことは…『背中を清潔にして保湿すること!』背中…
  2. 夏でなくても首元の開いた服を着たいときってありますよね。「デコルテまでが顔」とも言われるように、…
  3. ニキビは顔だけでなく、身体にもできます。胸、背中、おしりにもでき、なかなかやっかいなものです。しかし…
PAGE TOP