思春期ニキビ

思春期ニキビの原因って?

10代、特に思春期と呼ばれる第二次成長期には、成長ホルモンの影響で皮脂の分泌が増えます。男性の場合ですと男性ホルモン、女性なら女性ホルモンが分泌されます。そして、ホルモンが分泌されることにより、皮脂が分泌されます。この皮脂が分泌されることによってニキビができる原因になってしまうのです。このころにできるニキビを思春期ニキビと呼びます。

思春期ニキビは額や頬などの顔全体にできやすく、春から夏に多く出来やすいです。 思春期ニキビのできる原因には、ホルモンの影響だけでなく、生活面での乱れや、スキンケアの間違いなども関わってできていることもあります。また、思春期は多感な時期でもあり、ストレスがにきびを悪化させていることもあります。

思春期にきびの原因となる皮脂分泌には男性ホルモンが関わっているため、男性のほうがニキビのひどくなる人が多いですが、女性にも男性ホルモンはあるため、女性でもニキビに悩まされる人は少なくありません。
思春期ニキビは本人にとってとてもつらいもので、悩みになってしまうことも多いです。正しいケアによって悪化させずに治すことが大切です。その他、食事での予防も大切になります。
ビタミンをしっかり摂取するよう心がけましょう。

思春期ニキビのケア

思春期のころは肌の新陳代謝も活発で、大人ニキビよりは早く治ることも多いものですが、間違ったケアを行いかえって悪化させてしまっている人も少なくありません。
思春期ニキビのケアとしてはまず、規則正しい生活で肌のターンオーバーを正常に戻すことが大切です。また、正しいスキンケアを早いうちからきちんと身につけておくことが大切です。スキンケアのポイントとしてはまず、過剰に分泌される皮脂や、肌についた汚れをきちんときれいに洗顔で落とすことが重要です。

ただし、洗顔料をつかっての洗顔は一日2回程度におさえ、過度に洗顔してニキビを刺激してしまわないようにします。また、ニキビを絶対につぶさないようにしましょう。あまりひどいニキビは皮膚科を受診するのも大切です。規則正しい生活をして、自分にあった化粧品で正しいスキンケアをするようにします。

思春期の白ニキビや黒ニキビといった初期段階のニキビであれば、ニキビケア化粧品を使うことで改善する場合も多く、大人ニキビと比べてもケアしやすいものになります。
炎症や化膿を起こしたニキビはむやみに手で触らないことも大切です。

気になるのは分かりますが、跡に残る可能性もあります。
また、かゆみや痛みを伴うような場合は皮膚科で診てもらうようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 背中ニキビをケアして治すのに1番大切なことは…『背中を清潔にして保湿すること!』背中…
  2. 夏でなくても首元の開いた服を着たいときってありますよね。「デコルテまでが顔」とも言われるように、…
  3. ニキビは顔だけでなく、身体にもできます。胸、背中、おしりにもでき、なかなかやっかいなものです。しかし…
PAGE TOP