清潔を保つ

ニキビを刺激・悪化させる外的原因

洗顔によって顔の汚れをしっかり落としたとしても、その他の顔に触れるものに汚れがついていたり、ニキビを刺激してしまったりすると、ニキビを悪化させる原因となってしまいます。
たとえば、毎日使う枕は、汗や皮脂で汚れがたまりやすいです。とくに赤ニキビや黄ニキビができている人は、ニキビに繁殖した細菌が枕についてしまうこともあります。枕カバーやシーツはつねに清潔なものを使うようこころがけましょう。
また、枕や布団のダニはニキビを刺激する原因となるので、ダニ対策もしっかり行います。マスクや厚化粧、顔にかかる前髪なども、ニキビを刺激する原因となるので注意が必要です。
ニキビができているときはできるだけマスクや化粧はしないようにこころがけ、髪の毛も顔にかからないよう配慮しましょう。

清潔を保ってニキビを治そう

ニキビを治すためには、ニキビのできている顔や体の皮膚を清潔な状態に保っていくことが大切です。そのためには、肌に触れることのある枕やシーツ、衣類などは常に清潔なものを使い、ダニやカビなどにも気をつけます。
また、厚化粧をしたり、マスクをする、髪でニキビを隠そうとしたりすることはニキビを刺激し、悪化させる原因になるのでやめるようにしましょう。 もちろん、ニキビを手で触ったり、つぶしたりすることもやめるようにします。そして、自分にあった洗顔料で1日2回きちんと顔を洗い、よく水で洗い流します。
顔の洗いすぎも良くないので、洗顔料を使うのは1日2回までとし、あとは汚れてしまったら水で洗いましょう。また、顔を洗ったあとは、肌に合った化粧水や保湿ジェルなどで保湿をしっかり行うようにしましょう。

思春期・男性・おとなの女性・背中・首・おしり・頭皮etc、
【タイプ別おすすめケア】はこちらから♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 自分ではなかなか気付きにくい背中ニキビが、気付いたときには悪化して『ニキビ跡』となり、治りにくい状態…
  2. 夏でなくても首元の開いた服を着たいときってありますよね。「デコルテまでが顔」とも言われるように、…
  3. ニキビは顔だけでなく、身体にもできます。胸、背中、おしりにもでき、なかなかやっかいなものです。しかし…
PAGE TOP