皮膚科に行ったほうがいいの?

ニキビ治療で病院を訪れるタイミンはいつがいいの?

ニキビは、早期の対策が肝心です。
白ニキビや黒ニキビの段階であれば、洗顔やニキビコスメによるスキンケア、バランスの良い食生活と規則正しい生活で改善されますので、様子をみて皮膚科に行くと良いでしょう。
しかし黄ニキビになると、薬での治療や皮膚科で治療が必要になります。
黄ニキビは、赤ニキビが進み、化膿して黄色い膿を持ったニキビで真皮層にもダメージを与える深刻な状態です。
痛みを伴うだけでなく、ここまでくると痕が残ってしまう可能性があるからです。
自分のニキビがどの段階かを知るのも病院へ通うタイミングと関わってきます。

病院で行なわれるニキビの治療方ってどんなことするの?

ニキビの発症には皮脂、角化異常、ニキビ菌、炎症が相互に作用していますので、これらの因子を取り除くことが治療につながります。
治療には、抗菌薬の外用療法、レチノイド様外用薬、抗菌薬の内服、ケミカルピーリングなどの処置法があります。
このように、病院では保険が適用される範囲内で、ニキビの状態に合わせて塗り薬が処方されます。
また、専門の器具を用い、毛穴の詰まりを取り除く場合もあります。
保険が適用されない治療としては、古い皮膚をはがすケミカルピーリングがあり、病院によっては高周波を照射するフォトRF治療などが行なわれます。

皮膚科での頬のニキビ治療、費用相場は?

治療内容により費用が異なりますので一概にはいくらであると言うことができません。
しかし、医療機関を受診してニキビの治療を受けた場合、外用レチノイドや面ぽう圧出、抗菌薬などは保険が適用され、全体の費用の3割負担になります。
だいたい塗り薬は2000円程度であるとお考えください。
しかし、ケミカルピーリングやレーザー治療など高度な治療法は保険適用外となるため、全額自己負担になります。
また、保険適用外の治療は医療機関によって料金や条件などが違います。
希望する場合は、事前に医師に確認しておくことをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 背中ニキビをケアして治すのに1番大切なことは…『背中を清潔にして保湿すること!』背中…
  2. 夏でなくても首元の開いた服を着たいときってありますよね。「デコルテまでが顔」とも言われるように、…
  3. ニキビは顔だけでなく、身体にもできます。胸、背中、おしりにもでき、なかなかやっかいなものです。しかし…
PAGE TOP