睡眠不足

ニキビの原因が睡眠不足だって知ってた?

それだけが原因ではありませんが、ニキビと睡眠不足には重要な関係があります。
なぜなら、皮膚は睡眠中に活発につくられるからです。
体の成長や、細胞の再生を活発におこなうホルモンが多く分泌されており、この成長ホルモンによって、肌細胞がつくられていきます。
慢性的な睡眠不足に陥ると、ホルモンの分泌量が低下します。
新しい肌細胞がつくられないことで、古い角質がうまくはがれなくなっていくのです。
古い角質が毛穴にたまりやすくなり、ニキビができやすくなると考えられます。
また、睡眠不足になると体が緊張状態となり、交感神経が優位になります。
交感神経には男性ホルモンを活発にさせる作用がありますので、男性ホルモンは皮脂の分泌量が増加するので、アクネ菌を増殖させてしまい、ニキビの悪化につながります。

美肌維持に欠かせない“肌のゴールデンタイムについて

午後10時から、午前2時までが、お肌のゴールデンタイムだと言われています。
なぜなら、お肌のターンオーバーが最も活発に行われる時間帯だからです。
この4時間にきちんと睡眠をとっていることで、成長ホルモンがきちんと分泌されると考えられてきました。
しかし、現代社会においては、女性のみなさんも午後10時にはまだ残業をしているということも少なくありません。
なので、分かってはいるけれど、実現不可能な定説であるように思われてきました。
しかし現在は、必ずしもその時間帯に睡眠をとらなくても、成長ホルモンの分泌がピークになるのは睡眠して3~4時間後であり、眠りに落ちてから、3~4時間の間、しっかりと質の良い睡眠をとれることが大切なのではないか、と提唱する専門家が増えてきています。
したがって、眠りに落ちて3~4時間後がお肌のゴールデンタイムであり、早寝早起きは体のためにもできる方が良いですから、可能ならば午後10時か11時に眠れるのがベスト、というふうに考えると良いでしょう。

睡眠不足でニキビができやすいのは分かったけど・・・だったら何時間寝ればOKなの?

睡眠不足がニキビに大きな影響を与えるのは確かですが、実は、長時間眠れば良いというわけでもありません。
肌の新陳代謝が最も活発に行われるのが入眠から3~4時間後と言われていますから、ニキビ予防を考えるならば、入眠直後にいかに熟睡し、質の良い眠りを得られるかのほうが、大切と言えます。
睡眠には、浅い睡眠で夢を見やすいレム睡眠と、深い熟睡状態であるノンレム睡眠があります。
入眠から3~4時間後にこのノンレム睡眠をしっかりと取ることです。
睡眠の質を上げるためには、寝る直前に食事をしないこと、入眠前にはパソコンやスマホなどの電子機器からできるだけ遠ざかること、ベッドに入る3時間ほど前に入浴し、眠る時間に体温が下がってすっと眠れるようにすること、等がおすすめです。
一般的な睡眠時間は7時間がベストであると言われていますが、6時間が良い人もいれば、8時間が良い人もいるので、何時間眠れば良いかは、個人差があると言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 背中ニキビをケアして治すのに1番大切なことは…『背中を清潔にして保湿すること!』背中…
  2. 夏でなくても首元の開いた服を着たいときってありますよね。「デコルテまでが顔」とも言われるように、…
  3. ニキビは顔だけでなく、身体にもできます。胸、背中、おしりにもでき、なかなかやっかいなものです。しかし…
PAGE TOP