規則正しい生活習慣

ニキビの原因となる生活習慣

ニキビのできてしまう原因のひとつに、生活習慣の乱れがあります。私たちの肌は新陳代謝やターンオーバーといって、約28日の周期で古い肌細胞が角質になり、さらには角片(垢)となって剥がれ落ち、新しい肌細胞に生まれ変わるのを繰り返しています。
このターンオーバーが、睡眠時間の乱れや、食生活の偏り、運動不足などによって、乱れてしまうと、古い角質が毛穴に詰まってしまい、ニキビの原因となってしまうのです。また、ストレスをためこんでしまうことも肌のターンオーバーに悪影響を与えると言われています。
その他、脂っこい食べ物ばかりを食べるなどの影響で、皮脂分泌が過剰になってしまうのもニキビの原因となります。ニキビを出来にくくするためには、睡眠時間や食生活、適度な運動、ストレスを貯めないなど、生活を見直していくことが必要です。

ニキビを治す生活習慣とは?

ニキビを治す生活習慣とはどのようなものでしょうか。まず、睡眠時間を十分にとることが大切です。肌のターンオーバーを乱さないためには、午後10時から午前2時までの睡眠の黄金時間(ゴールデンタイム)に眠っていることが重要なので、夜更かしをせず夜10時ごろには就寝するのが望ましいです。
また、食事面では、ファーストフードやインスタント食品、脂っこいものや菓子類などを食べ過ぎず、栄養バランスに気をつけた食事をすることが重要です。ニキビにはビタミンB群やビタミンCを十分にとると良いので、そういったビタミン類を含んだ野菜や質の良い蛋白源をバランス良く食べると良いでしょう。
また、適度な運動をおこなって新陳代謝を良くすることや、ストレスをためない生活もニキビの改善には重要です。そういった生活習慣を整えた上で、自分に合う化粧品でスキンケアをすることで、ニキビを治していくようにしましょう。

思春期・男性・おとなの女性・背中・首・おしり・頭皮etc、
【タイプ別おすすめケア】はこちらから♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 背中ニキビをケアして治すのに1番大切なことは…『背中を清潔にして保湿すること!』背中…
  2. 夏でなくても首元の開いた服を着たいときってありますよね。「デコルテまでが顔」とも言われるように、…
  3. ニキビは顔だけでなく、身体にもできます。胸、背中、おしりにもでき、なかなかやっかいなものです。しかし…
PAGE TOP