20代のニキビ対策

20代のニキビの原因って?

10代のころと違い、20代になってもできるニキビを「大人ニキビ」とも言います。
10代のニキビの主な原因は、過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさいでしまうことです。

一方で大人ニキビの場合は、表皮の新陳代謝(ターンオーバー)の乱れにより厚くなった角質層が毛穴をふさいでしまうことが最も大きな原因となります。
その要因には生活習慣の乱れやストレス、睡眠不足、偏った食生活、紫外線、生理などホルモンバランスの関係などが挙げられます。
また、日頃からの自分の癖や間違えたお手入れ法なども大人ニキビの原因になります。
日頃の行動やケア方法、生活を振り返ると、自分自身でニキビを招いていることがあるかもしれません。

20代のニキビの対策はどうするの?

思春期のニキビに比べ20代のニキビは繰り返しやすく、さらにニキビ跡として残りやすくなります。
そのため、対策としてニキビを治すだけではなく、繰り返さないようにすることや肌代謝を上げてニキビ跡を残さないようにすることが重要になります。

短期的な改善が困難であり、日々の正しい「洗顔」や自分の肌にあった「保湿」の選択、生活習慣の見直しが大切です。
生活習慣の見直しではビタミン類を多く含んだ食材の摂取、バランスの良い食生活、十分な睡眠、紫外線予防、ストレスをためないようにリフレッシュ・気分転換をする、適度な運動が必要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 背中ニキビをケアして治すのに1番大切なことは…『背中を清潔にして保湿すること!』背中…
  2. 夏でなくても首元の開いた服を着たいときってありますよね。「デコルテまでが顔」とも言われるように、…
  3. ニキビは顔だけでなく、身体にもできます。胸、背中、おしりにもでき、なかなかやっかいなものです。しかし…
PAGE TOP